Monthly Archives: 11月 2019

色素沈着したものになる

しわ取りテープというのをご存知ですか。

利用者はまだ少ないみたいですが、顔の皺をなくす効果があり、テレビの中でコスメ系芸能人が自分の愛用品のひとつに挙げていて、それまで知らなかった人にも一気に知られるようになりました。シワがないと表情も明るくなるんですね(芸能人だから持と持と綺麗だし)。ただ、ある程度時間を限った使用でないと薄くなっている表皮に負担をかけ、使用後の赤みやかゆみを伴う湿疹も覚悟しなくてはならないようです。きれいなまま長時間いたい気持ちはわかりますが、美容のために肌トラブルなんてことにならないよう、ユーザー側で気をつける必要があると思います。お肌についてシミで悩まされている方は多いです。シミが出来てしまう主な原因は、日焼け等の刺激により、肌が赤くなり、変色するという過程を経て、色素沈着したものになります。
ココクリスタ アイセラム

日焼けによる赤みだけでなく、ニキビ跡の赤みもシミの原因の一つです。手抜き無しのUV対策に取り組むことや肌のSOSに応えるスキンケアをすることによりも、シミ対策につながります。外からのケアだけでなく、内側から食生活やサプリメントなどで綺麗な肌を造るために大切なビタミンCを体に取り込むこともシミ対策になるだといえます。

しごとと生活に精一杯のアラサーです。

毎日クタクタになってそれでもしごとをしていますが、ある日、鏡をのぞいて自分の肌の汚さにすごくビックリしました。

目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか形にして見せられたように感じました。

こんなことがあってから、私は決めたことがあります。どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰っても今日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、肌を守るためにできることをしよう、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。スキンケアを怠ると、どうなるかというと、多くの人は肌が荒れることを想像すると思いますが、現実にはまったく別で肌は強くなります。

メイクアップというのは肌への負担が増えるので、それを無しにしてワセリンを塗るのみにするのが1番良いスキンケアだと言えます。

お風呂上がりはのんびりスキンケア。

そんな人は多いのではないだといえますか。たしかに洗顔料で丁寧に洗ったあととか、お風呂から出たばかりの肌って素肌は吸い付くようにしっとりしているだといえます。でもそれって、表面だけなんです。潤った感触は、毛穴が開いて水を「どんどん飲み込む」ような状態ですが、同時に「どんどん乾燥する」りゆうです。

毎日繰り返していれば、スキンケアが追いつかないのも当然です。

いずれシワや乾燥による老化が起きてくるはず。

上手く使えば絶好の保湿タイムである洗顔直後は、顔を拭いたら(こすらない)直ちに低刺激で潤い効果の高い化粧水で本格的なお手入れ前のファーストケアを施してあげましょう。

肌が乾燥タイプなので、肌の保湿のために化粧水には拘りを持っています。

とろみのある化粧水を使用しているので、洗顔の後、化粧水、1本でも十分なほど潤って、すごく気に入っています。化粧水というものはあまりケチケチせずたっぷりと肌につけるのが秘訣だと思っています。四季の変化同様、年齢もごまかしがきかず、確実にやってくるものだと実感します。疲れていなくても出てくる目の下のくま、くすみや乾燥による翳りには、本人は早くから気づいていて時間の経過を切実に感じているのです。

お肌の弾力性やリフト機能が失われ、しみやしわが目たつようになります。

紫外線対策をするようになっても、いままで日に当たっていた目元、額、首などの肌の劣化などは、あとからでも集中的にケアが必要です。糖質を摂り過ぎるのはお肌のために控えて頂戴。糖質は、お肌がくすみ、老化を早める原因になるのです。糖分とタンパク質が結合することで、全身の老化を早める糖化物質が全身にたまってくるのです。コラーゲンと糖が結合して糖化産物が肌に増えると、黄ぐすみ状態になったり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になりかねません。完璧な化粧も悪くないが大切なのはやっぱり生まれつきの肌の美しさだと考えます。

だいたい毎日のようにきっちりとしたスキンケアをおこない、天然のお肌をよみがえらせいつかはノーメイクでも人前で物怖じしない自信をもつことを望みます。基礎化粧品はお肌のためにその通りおつけいただくものですので、その効果ももちろん重要なのですが、良い素材が使われているかにも拘りたいものです。

肌にダメージを与えないためにも、使われている成分や原材料をよく見て、界面活性剤の使われていないもの、可能な限りオーガニックな素材の製品を選びましょう。