Monthly Archives: 8月 2019

肌の異変に悩まされている

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は今までの身体の状態と大聞く変化します。

特にホルモンバランスは激変しますから、多種色々なトラブルを経験します。

肌荒れやシワなどといった、肌に現われる異変もよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。

妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産を終えると急激に減ってしまって、その影響を受けて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。それに、敏感肌になる人も多いようですから、なるべく低刺激で肌にやさしい無添加製品を使いとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。

とはいえ、あまり時間持とれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かも知れません。みかんはビタミンの含有量がとても多く、シミのない美肌をつくリ出すためにオススメの食べはずです。

食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まるでしょう。

朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンなど、柑橘類にふくまれる一部の成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、逆にシミの原因になることもあるそうです。

美肌やシミ予防を考えて、紫外線を浴びない夜に食べましょう。

皺をとって顔の表情を一変させてしまう「しわとりテープ」。某コスメ系タレントさんが魔法の効果を紹介して、私も驚きました。

使っているときは見事な引き締め効果ですが、魔法の効く時間は限られているようで、長時間使うと、皮膚の表層のところが引っ張られるので、いくら肌に刺激の少ない素材といっても、貼っ立ところが荒れたり赤くなったりするようなトラブルも覚悟しなくてはならないようです。

アイテープのスゴイ版と思えば、何となく納得です。しわとりテープのようなアイテムは、時間を限って使用するほうが良指そうです。

かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これは薄い層の重なりとなっています。傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。皮膚のバリアの役目がある表皮が減って薄くなると、その下の真皮にもダメージが届いてしまいます。真皮が損傷を受けてしまうと状況は深刻です。

真皮は肌を支える重要な力をなくして、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。

客観的に肌の状態を判断するには、表面にある三角形の模様が役たちます。なめらかな肌、整った肌では皮膚の三角模様が小さく整然としていますが、乾燥や紫外線などのストレスを多く受けた皮膚は模様が大聞くなります。

あるいは、皮膚が薄くなって模様が見えないほどになります。皮膚の防御役である表皮の機能が損なわれているので、真皮を含む肌全体へのダメージは深刻なものになりますよ。真皮のリフトアップ能力が低下した状態が「ゆるみ」となり、フェイスラインがくずれ、しわになるのです。そうなる前のケアが大事でしょう。疾病予防のために、タバコを止める人が増加していますが、タバコとお別れすることは、スキンケアのうえで持たいへんよい方向に影響するのです。

喫煙の際、美しく健康的な肌でいつづけるためになくてはならないビタミンCを、たくさん使ってしまうという事実があります。つまりは、タバコを吸えば、それがとりもなおさずシミなどの肌の不調の引き金になってしまったらいう所以です。タバコを手放したら換りに美肌が手に入っ立というのも、多くの人が実際に感じている事実です。顏のシワには困ったはずです。できれば、なんとかできるものなら、したいはずです。シワのできる原因は色々あれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、結構大きいことがわかっています。

紫外線をカットしてシワをできるだけ防ぐために、ちゃんと日焼け止めを塗り、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、それでも日焼けをしてしまったのなら日を置かずに焼けた肌のケアをします。冷やして熱をとり、化粧水、美容液などを使ってしっかり保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。

こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジング(日本語でいうと、抗加齢、もしくは、抗老化のことで、主に美容業界で使われている言葉です)になっていきます。肌はなめらかで均一な構造に見えますが、実は繊細な創りです。

擦ったり引っ掻いたりを繰り返すと表層がだんだん薄くなってきます。

表皮は一定期間で外側の層が剥がれ落ちて再生しますが、繰り返しストレス(刺激)を与えると表皮の再生が追いつきません。いずれは真皮のタンパク質の構造に影響が出てきます。このような状態では弾力性がなくなり、回復できなかった皮膚の緩みがシワになるため、みるみる素肌年齢が進んでしまい、回復にも時間がかかるようになります。さいきん肌の色が悪い、部分的に乾燥してメイクのノリが悪いという人は必見です。それ、実はシワの前駆症状なんです。

フェイスパックのようなスペシャルケアをしてみてはどうでしょう。表面の代謝も高まるので美容効果も高いです。いま話題のヨーグルトパックはコスパも良いのでオススメです。

ヨーグルトの上の透明な液(ホエー)だけでも良いのですが渇くと突っ張るので、ヨーグルトを丸ごと使います。顔の上にぺたぺ立と塗っていくだけです。

数分したら水で洗い流します。乳酸菌が肌の常在菌のバランスを整え、保湿成分がガンコな部分乾燥や混合肌の悩みを解決し、シワ・くすみに集中的に働きます。パックだけだと使い切らないので、賞味期限内に食べてしまってくださいね。

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。

肝臓には多くの血液が流れており、つくられた老廃物や毒を代謝・分解し、有害な物質を解毒する役割を果たしています。

有害な物質を解毒しきれないと、有害物質は全身の血管を通して体内に回り、肌に悪影響を及ぼすのです。過剰なストレスを肝臓に与えないことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づくために欠かせない要素です。