Monthly Archives: 11月 2018

肌のしわが気になる

年々深まっていく、肌のしわがどうにも気になり、焦燥感をおぼえています。中でも本当にどうにかしたいと思っているのは目尻に発生する笑いじわで、鳥の足跡みたいな形のしわです。

そもそも目の周りは皮膚が薄く、元々しわはできやすい場所で、ここのケアは入念に行っているつもりではありますが、皮膚が薄い場所は、乾燥に気を使ってやらないといけませんから、クリームを塗り重ねたりして、とにかく保湿を一番大事にするように常に考えているのです。肌の調子が悪い、元に戻らない、など鏡を見ながら考え込むようにしたら、三食毎日摂取するご飯の内容を見直し、変えてみることをおすすめします。食べ物が変わると、それ相応に肌も変わってくるでしょう。シワ、シミを初めとする各種肌トラブルについても、薄くなるなどの改善がみられるようになりそうです。

私たちの身体は毎日のご飯によって保たれていて、意外と短いサイクルで全身の細胞が入れ替わっています。これは、家でしっかりと行える、最強のお肌改善法であり、アンチエイジングです。

その効果は、肌にはっきりと表れることでしょう。キメが細かい肌と言えば、もれなく美肌をさします。キメとは、肌の表面に走る皮溝という細い溝と、皮溝が囲む、皮丘という盛り上がり部分から成る模様のことを言います。キメの整っている肌の表面では皮丘には充分な水分がふくまれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。

でも、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、すぐ下にある真皮もダメージをうけてしまいます。傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。年齢は肌に出ます。顏はメイクでごまかしも効きますが、肌はそうはいきません。顔、特に目の下はシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年齢あがるにつれ、この部分について悩む人は増えていくそうです。それから、肌のハリ、ツヤが年を取るに従って少しずつ失われると、肌はしぼんでシワとなります。顏の部分だけみてみますが、シワの悩みで多い部位は不機嫌そうに見える眉間にできた深いシワ、目の下や目尻の笑いジワ、これのおかげで一気に老けて見えるほうれい線などです。私の母が朝洗顔するときは、石鹸や洗顔フォームといったものを使いません。母は水以外のものを使わずに顔を洗う人なんです。母は、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、必要な皮脂までもが全部落ちてしまってお肌の健康に良くないから水だけの方がいいと、石鹸いらない説をよく話します。そんな母のお肌は65歳でもきめこまやかです。シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばパック(色々なパック剤が市販されており、それぞれに美白や美肌など、様々な効果が謳われています)かもしれません。一日のオワリにパック(色々なパック剤が市販されており、それぞれに美白や美肌など、様々な効果が謳われています)をしながらスキンケアの時間を過ごす有意義な時間です。

ところでたまには自家製の即席パック(色々なパック剤が市販されており、それぞれに美白や美肌など、様々な効果が謳われています)を使ってみるのはいかがでしょうか。市販されているごく普通のプレーンヨーグルトに固さを調節するための小麦粉を混ぜこみ肌にのせて、しばしパック(色々なパック剤が市販されており、それぞれに美白や美肌など、様々な効果が謳われています)を楽しみます。ヨーグルトパック(色々なパック剤が市販されており、それぞれに美白や美肌など、様々な効果が謳われています)の冷たさが毛穴を引き締めてきっとシワにも効いてくれるはずです。

シミでお困りの女性にちょうどの飲み物は赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。

同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えの肌トラブルに効くビタミンCがたっぷりでくすみ、シミの元を体の内側からなくし、いろいろな要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミが出来にくいお肌を取り戻し、クリアな肌を手に入れられます。

老化の原因にもなる活性酸素(ストレス、紫外線などで増加し、老化の原因になるといわれています)からも体を守ってくれますし、アンチエイジングにも有効です。

肌年齢は実際年齢と同じだとは限りません。気をつけないでいると一気に老けてしまうので注意が必要でしょう。年齢以上に肌を衰えさせる要因、その最たるもの紫外線でしょう。しわの発生を抑えるためにPA値の高い日焼け止めをつかってたり、防止や日傘などで紫外線が弱い時期にも対策を怠らないこと、長時間日光に当たったらほてりがなくなるまで水や濡れタオルなどでクールダウンさせてから保湿機能のある化粧水やジェルなどでお手入れし、シミ・そばかす・シワの要因をのこさないようにケアしましょう。

老け顔のファクターを一掃することで、みずみずしい肌を維持することができます。シミを綺麗に除去するためのケアもいくつかあるのですが、一番効率がいいと感じたのはプラセンタをぎゅっと凝縮させた美容液をパフやコットンでパッティングすることですね。角層までしっかりと届くのが実感としてわかるのです。使用を続けているとシミがどんどん消えていくのがわかり、シミが見えなくなるまで使い続けます。敏感肌なのだからといって、敏感肌用の肌手入れの商品を使えば良いというものではありません。肌状態は人それぞれ異なりますので、肌が敏感になっている場合には、ぜひ使用前にパッチテストをしてちょうだい。

それと、肌の水分を損なわないためにも正しい方法で洗顔をすることが大事なことです。

シミに有効なのがプラセンタ

冬になって乾燥がむごいため、年齢肌ケア用の化粧水にしました。やはり年齢肌に特別に合わせた商品ですし、値段もするだけあって効きめを感じます。化粧水だけで肌がもっちりと水気を帯びるので、乳液なども薄くのばすのみでいい感じです。

翌日の肌がピンとして、ファンデーションも美しくのって大満足なので今後も使いつづけます。ホワイトニングに欠かすことのできないものは何かといえば、実にたくさんありますが、シミに有効なのが何とと問われれば、それはプラセンタでしょう。肌の透明感にかかせないメラニンの生成を抑制する効果があります。それに、細胞分裂を活発にする成長因子を持っているので、細胞の入れ替わりが活発になり、肌のいらない角質とシミをまとめて落としてくれるのです。健康な身体になくてはならない成分のコラーゲンの生成を高める効果もありますから、美しい肌へと生まれ変わりやすくなるはずです。女性にとってこんな嬉しいことはありません。

顔のシミをコンシーラーでみえなくしようとしたら、かえって、シミが際立ってしまったこともあるでしょう。ファンデーションをセレクトする時は、お肌の色より、やや明るい色を選択する方がたくさんいらっしゃるようですが、シミを見せないためにコンシーラーを買うのであれば、お肌より明るいカラーをチョイスしたらシミがなおさら際たつことになります。シミを隠すためにコンシーラーを選ぶ時は、肌よりわずかに暗い色を購入してちょうだい。体調が崩れやすい時節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、肌の乾燥にはとても気を付けています。ちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。乾燥は軽く考えてはいけません。こういう時期、スキンケアはお肌の生命線だと思っていますので特に念入りに行っている訳ですが、最近になって、化粧水や乳液など基本セットの他にオイルも使うようになり、大変気に入っています。

オイルも調べるとなかなか奥が深くて、追及すると楽しそうですが最近では特にココナッツがいい感じで、つづけて使ってみています。

まったく我流ですが、スキンケアを通して思い当たったことがあります。それは、肌質がシワに影響するといったことです。持ち肌みたいに柔らかい肌質は、シワができにくく、もし出来ても回復しやすいといったことです。若いうちにツルッとしているのは当たり前。将来の事を考えれば放置してはいけません。私の場合は、肌質を選ばないといったので炭酸パックを始めました。肌の柔軟効果が実感できるようになったあたりでいつのまにか、シワが気にならなくなってきて、びっくりしました。パックと肌質が合っていたのかも知れませんが、肌の復元力が増すのとアンチエイジングは関連性が高いと思います。

保湿が十分で、潤いのある肌なら、シミもできにくい肌になります。しっかり潤っているお肌は水分と油分は最適のバランスで保たれていて、きめが整い、肌の奥まで保護されている訳です。水分や油分で潤い、きめが整った肌はバリア機能も高く、紫外線による肌奥部のダメージも受けにくく、メラニン色素が増えにくくなり、シミも予防できます。肌の乾燥には、シミ予防の意味からも気をつけなければなりません。

皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、肌が薄くなることがわかっています。

といったのも、肌の一番外側に位置する表皮はとても薄い層がいくつも重なってできており、引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。

表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮もダメージを受けることが多くなってしまいます。ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、こうしてシワやたるみは生まれます。元々、乾燥肌の人は、毛穴が小さく硬いので、少しの量の皮脂によってもすぐに炎症が発生します。

乾燥肌はオイリー肌と同じでニキビが発生しやすい状態なのです。さらに肌のバリア機能がそのものが低下していることから外部からの刺激に弱く、肌トラブルが起きやすい状況でもあります。とにかくニキビを回避するためにも、正しいスキンケアして方がいいです。日々、ちゃんと毎日髪を洗っていても、頭が痒い、フケが増えたといった方は敏感肌の可能性があります。

そんな場合は手持ちのシャンプーの使用を止めた方が良いでしょう。敏感肌の人でも安全に使用できるシャンプーは無添加の石鹸なのです。いらない成分がカットされているので、肌にも髪にも優しく、刺激が少ないのです。一時は大ブームとなったガングロですが、最近になって再び、流行の兆しを見せています。一種の主張として根付きつつあるとも思えますが、懸念されるのはお肌のシミです。

それぞれちがいがあるとは思いますが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、シミがガングロではなかった人よりも多く発生してしまうでしょう。